5万kmを超えると損?車の売却額と走行距離の関係とは?


32万円の査定UPに成功した方法をみる

 

「なぜ走行距離が影響するのだろうか」

「もっとも値段が落ちやすい
走行距離はあるのかな」

 

車の走行距離が売却額に影響することを
知っている方がほとんどですが、
理由や影響度まで詳しく知らないはずです。

 

そこで、この記事では次の2点を
お伝えします。

 

  1. 走行距離が売却額に影響する理由
  2. 走行距離に関係なく車を高く売れる理由

 

この記事を読めば、
走行距離が多くなって故障箇所があっても
車を高く売却できる理由がわかります。

 

とてもカンタンで、誰でも実践できるので
ぜひ参考にしてください。

 

なぜ関係あるの?車の走行距離が売却額に影響がある理由とは?


基本的に、車の走行距離は多ければ
多いほど、売却額が安くなります。

 

ボディや電気配線などが劣化して、
不具合が出やすくなっているからです。

 

また、中古車市場では、当然ながら
走行距離が少ない方が人気があります。

 

そのため、走行距離が少ない方が
売却額が高くなる傾向があるのです。

 

ただし、走行距離は少なければ少ないほど
高くなるわけではありません。

 

後述しますが、年式に対して、
極端に走行距離が少ないと、逆に
査定額が下がる可能性があります。

 

走行距離が少ないことで劣化する
部品があるからです。

 

以上が、走行距離が売却額に影響する
理由です。

 

83%が知らない!車の売却額は5万キロ超えでガクッと下がる?


一般的に10万キロを超えると、
ほとんど値段が付かない可能性が高くなる
ことが知られています。

 

しかし、5万キロを境に売却額が
下がることはあまり知られていません。

 

5万キロで売却額が下がる理由は、ネットで
中古車を検索するときの条件入力で5万キロ
を上限にする方が多いからです。

 

検索の条件に合わない車は
表示されないため、売れづらくなり
価格が下がってしまうのです。

 

ただし、車の価値は走行距離だけで
判断されるものではありません。

 

5万キロを超えていても状態が良ければ
高く売却できる可能性は十分にあります。

 

そのため、諦めないで高く売却できる
店舗を探しましょう。

 

査定を受けてビックリ!走行距離は短くても売却額が下がる?


走行射距離が短すぎると、逆に
売却額が下がってしまうことがあります。

 

この場合、車にとってダメージが多い
使い方をしていると判断されるからです。

 

走行距離が短いということは、下の
2つの可能性があります。

 

  1. 長期間放置を繰り返していた
  2. 短い距離の走行を繰り返していた

 

実は、この2つは車にとって厳しい
使い方なのです。

 

長期間放置されていた場合、車の部品に
錆が発生している可能性があります。

 

また、毎日短距離しか乗らなかった場合
車が冷えた状態で使用しているため、
ダメージが溜まっている可能性が高いです。

 

以上から、走行距離が短すぎても
売却額は下がりやすいと言えます。

 

走行距離は関係ない!実際に32万も売却額がUPした理由とは?


実際に私が車を32万円も高く売却できた
理由は、下の方法を行なったからです。

  • 「一括査定サービス」を活用する

一括査定サービスは、複数の買取り店の
査定額を一括で比べて価格交渉ができます。

 

買取り店は安く買取ろうとするため、
どれだけ車の状態が良くても査定額を比べて
値上げ交渉しなければプラスはされません。

 

しか、自分で買取り店を探し、交渉を行うと
とても手間でほとんどの方が諦め、結果的に
損をしているのです。

 

そこで、ネット上で一度に比較できる
一括査定はたった、45秒の入力で完了し
驚くほど簡単なのでオススメです。