必ず損する!買取査定で車の傷を直すと損する唯一の理由は?

17万円も査定UPさせた理由を見る

 

売りたい車にぶつけた傷があったり、
細かい傷があると「査定額が下がるかな…」
と心配になりますよね。

 

「自分で補修して隠せばいいかな」と
考える方もいるはずです。

 

しかし、素人が補修をしても
得することはありません。

 

また、整備工場に修理に出しても
必ず損をします。

 

この記事では、下の3点をお伝えします。

 

  • 車の傷は直さなくて良い理由とは?
  • 査定に影響する傷と影響しない傷とは?
  • 傷だらけの車でも高く売れる理由とは?

 

この記事を読むことで、自分で
補修をしなくても、傷がある車を
高く売る方法がわかります。

 

ぜひ、参考にして得したお金で
車の買い替え費用にしたり、旅行などの
楽しみに利用しましょう。

 

得はしない?車買取り査定に前に傷は修理しなくていい理由とは?


買取り査定前に傷を直しても
得することはありません。

 

そればかりか、整備工場に修理に
出してしまうと間違いなく損をします。

 

なぜなら、買取り店やディーラーなどの
車関連の業者は、自社の整備工場や
提携している整備工場を持っている
ことからです。

 

そのため、あなたが修理工場に
出すよりも格安で修理ができるのです。

 

つまり、修理にかけた費用以上に
車の買取り額が上がることは
絶対にないのです。

 

車の買取り査定前に傷は修理を
しないことが損をしないコツです。

 

傷だらけでもいい?買取査定に影響する傷としない傷がある?


小さい傷は査定額に影響しません。

 

査定に影響しない小さい傷とは、
次の3点です。

 

  1. 長さが3cm以内の傷
  2. 爪でなでてひっからない傷
  3. ぶつけたわけではない傷

 

たとえば、洗車でできてしまった
線状の傷です。

 

上で挙げた3点より大きい傷は、
傷の大きさに従って査定額がダウンします。

 

とはいえ、車の査定額は傷の
状態だけではなく、総合的に判断されるため
あまり気にしなくても大丈夫です。

 

絶対NG!車の買取査定前に傷を自分で直してはダメな理由とは?


「修理工場に出すと損をするなら
自分で直せば得するでしょ」と
考える方がいるはずです。

 

しかし、自分で修理をしても査定額は
変わらない、または損するのどちらかで
得することは絶対にありません。

 

※プロ並みの板金塗装の技術がある方は
やってみてもいいと思いますが、そんな方は
ほとんどいませんよね。

 

素人でもできる補修方法は、
主に次の2つです。

 

  1. タッチペンで傷をごまかす
  2. コンパウンドで磨いて傷を消す

 

それぞれについて詳しく
解説していきます。

 

必ずバレる!タッチペンで傷は隠せない?


軽い擦り傷でホディの金属部分が
見えている場合は、タッチペンを
塗ってごまかすことが多いです。

 

遠目に見ればわからないし、
金属の錆予防ができるからです。

 

しかし、タッチペンは付属の刷毛で塗るため
近づけばもとの塗装と明らかに違う
ことがすぐにわかります。

 

そのため、中古車買取り査定では
傷があることと変わらない扱いに
なるのです。

 

塗装ムラができる?コンパウンドでも査定は変わらない理由とは?


コンパウンド(研磨剤)で磨くと
小さな傷は見えなくなります。

 

しかし、磨くことで塗装ムラができるため
査定がマイナスになることがあります。

 

さらに、そもそもコンパウンドで消せる傷は
小さくて査定に影響しないのです。

 

そのため、コンパウンドを使用すること
事態がほとんど意味がありません。

 

つまり、自分で傷を隠しても
マイナスになる可能性はあっても、
プラスになることはないので
やらない方が良いということです。

 

車が傷だらけでも査定額17万円UP?管理人が得した理由とは?


走行距離13万kmで傷だらけの車でも
17万円も査定UPした理由は次の通りです。

  • 一括査定サービスで査定額の比較と交渉をしたから

車を高く売るには、数店舗の査定額を比較し
価格交渉が不可欠で、これを行うには
「一括査定サービス」が簡単で便利です。

 

たった45秒、サイト上で査定したい車の
情報を登録するだけで最多10社の査定額を
比べて値上げ交渉ができるのです。

 

自分で何店舗もまわると面倒で途中で
諦める方が多く結果的に損しているのですが
一括査定を利用することで、とても簡単に
交渉まで行うことができます。

 

私の傷だらけの車でも17万円も買取り額が
UPした方法なので、ぜひ活用して下さい。