悪用されない?車売却で印鑑証明が2通必要になる理由とは?

車を高く売る秘訣をみる

 

車を売却するとき、買取り店や
ディーラーに「印鑑証明が2通必要」
と言われることがあります。

 

印鑑証明は、自動車や不動産など
国が所有者を把握する決まりがある物を
購入するときなどに使います。

 

そのため、
「2通も準備させるなんて悪用するつもり?」
と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、この記事では次のことを
お伝えします。

 

  1. 印鑑証明が2通必要になる理由とは?
  2. 書類の心配をせずに車を高く売る秘訣は?

 

個人情報の保護が重要視されているため、
不安に感じますよね。

 

これを読むことで、書類の心配をしないで
車を高く売る秘訣がわかります。

 

ぜひ、この記事を読んで、
不安を解決し、お得に車を売りましょう!

 

本当に必要?印鑑証明が2通必要になる理由とは?


印鑑証明が2通も必要な場合、
下の2つのことに使用するためです。

 

  1. 名義変更するため
  2. 自動車税の還付請求権を譲渡するため

 

これらで印鑑証明は使用されるため、
買取り店に2通の準備を言われたとしても
悪用するためではありません。

 

以下では、上記の2点について
詳しく解説します。

 

そもそもなぜやるの?名義変更を行なう理由とは?


車の所有者(名義)を変更するために
印鑑証明は必ず1通必要になります。

 

車を売却した場合、一度買取り店の
名義にしなければいけません。

 

車は法律で所有者を登録することが
定めれているため、所有者以外が
売却することができません。

 

つまり、買取り店名義に変更しないと
買取り店は再販売できないのです。

 

また、車両を引き渡した状態で名義変更を
しなければ、法律上の所有者は
あなたのままです。

 

タイミングによっては、すでに
手放しているのに、自動車税の支払い用紙が
届くなどのトラブルになりかねません。

 

そのため、速やかに名義変更を行なう
必要があるのです。

 

初めて聞くからわからない!自動車税の還付請求権譲渡とは?


自動車税の還付請求権の譲渡とは、
本来あなたが受ける還付の権利を
「相手にあげます」ということです。

 

自動車税は、所定の手続きを行うことで
支払った者に対して、月割り計算で
返金されます。

 

しかし、返金分を買取り価格に
上乗せしてくれた場合など、
請求権を譲渡する事情があることが
あります。

 

この手続きを行うために、
印鑑証明が必要になるのです。

 

ただし、地域によってはコピーで
手続きを行なえることもあります。

 

そのため、還付の請求権譲渡を
行なっても、印鑑証明は名義変更用の
1通で済むことがあります。

 

これで安心!書類の心配不要で車を高く売却する秘訣とは?


書類の心配不要で車を高く売却する秘訣は
「一括査定サービス」を活用することです。

 

次の2つのメリットがあるからです。

  • 売却時に必要な書類を全部教えてくれる
  • 査定額をすべて一括で比べて高い店を選べる

書類については売却時に買取り店が、書類の
記入方法や準備方法など教えてくるため
書類の心配は必要ありません。

 

また、一社だけの査定では価格交渉が
難しいのですが、一括で複数社の査定を
比較することで交渉が簡単になります。

 

実際に、私が査定額を28万円もプラスした
方法で、書類の心配もまったくないので
安心して高く売却したい方にオススメです。