必ず得する理由を大公開!車を高く売るコツとは?


26万も査定アップしたコツをみる

 

車の買い替えを検討するとき
必ず、「車を高く売れないかな」や
「車を高く売るコツはないかな」と
考えるはずです。

 

私も今までに4回車を買い替えましたが
そのたびに車を高く売る方コツを
試してみました。

 

その結果26万円も査定アップさせる
ことに成功しました。

 

そこでこのページでは、少しでもお得に
車の買い替えができるように、
次の2点をお伝えします。

 

  1. 26万円も査定をアップさせたコツ
  2. 車の査定で損をしない方法

 

これを読めば、実はやっても意味がないこと
など、余計ことをせずに効率よく
査定をアップさせるコツがわかります。

 

少しでもお得に車を売るために、
ぜひ参考にしてください。

 

下取りは買いたたかれる!車を高く売るコツは買取りを選ぶこと?


車を高く売りたいなら「下取り」ではなく
「買取り」を選びましょう。

 

下取りとは、新しく車を購入する販売店で
購入費の一部を割り引く目的で、元の車を
引き取ることです。

 

車を購入と引き取りは同じ店舗になるため
下取り価格の交渉が難しいです。

 

そのため、買取りよりも安い値段で
引き取れられることがほとんどです。

 

一方、買取りは自由に業者を選ぶ
ことができます。

 

いくつかの業者で査定を取って
もっとも高い店舗に売ることができるため
下取りよりも高くなります。

 

よって、「買取り」を選ぶことが
査定アップを狙う方法です。

 

高く売るなら欠かせない!プラス査定のための査定前の準備とは?


少しでも買取り査定がプラスになるように
やるべきことはやっておきましょう。

 

査定の前準備で、プラス査定に
つながることは次の2つです。

 

  1. ペットやタバコのにおいはできるだけ消しておく
  2. 純正部品に戻す

 

以下では、この2点について詳しく
解説します。

 

確実にマイナス!ペットやタバコのニオイを消しておく理由とは?


室内のニオイを気にする人は多く、
特に、タバコやペットの臭いは
嫌われる原因です。

 

その結果、マイナス査定につながります。

 

もし、臭いがするのであればできるだけ
消臭しておきましょう。

 

実際には臭いがしたとしても業者が買取り後
室内清掃をして臭いを落とします。

 

とはいえ、あまりにもひどい臭いは
落ちないため、事前に消臭して
「この程度なら落ちる臭いだな」と
思わせるのです。

 

こうなれば、
さほどマイナスにならずに済みます。

 

ただし、タバコの場合、内装がヤニの付着で
変色している場合はマイナス査定は
避けられないでしょう。

 

お金をかけたのに…純正パーツに戻した方が得する理由とは?


アフターパーツに交換している部品が
あれば、純正部品に戻した方が
査定はプラスになりやすいです。

 

特に、サスペンションやホイール、マフラー
は、個人の趣味性が強いため、中古車
市場では売れづらくなります。

 

そのため、アフターパーツがついていても
プラスになることはなく、最悪は査定が
マイナスになることも珍しくありません。

 

よって、純正部品に戻した方が
損をしないのです。

 

アフターパーツは、ヤフーオークションなど
個人売買で単品として売却した方が
高値がつきます。

 

もし、余力があるのであれば
単品の売買を行うことで
さらに得するのでオススメです。

 

本当は意味がない?査定アップのためには効果がないこととは?


インターネット上では、
高く売るコツとして様々な情報が
出てきます。

 

その中には、「高額査定を狙うなら
やるべき」と書いてあっても
実は意味のないことがあります。

 

それどころか、
マイナス査定にもなりかねません。

 

具体的には、次の3つです。

 

  1. 洗車すること
  2. 室内清掃をすること
  3. 自分で傷を補修して隠すこと

 

これらは「無駄な努力」になってしまう
可能性が高いため、そうならないように
次に詳しく解説していきます。

 

せっかくやったのに!洗車は査定額に関係ない理由とは?


車のボディに関して、査定士が
チェックするポイントは
「傷の状態」です。

 

買取り業者は、車を買取った後に
必ず洗車をします。

 

そのため、洗車をして落ちる汚れが
あるかどうかは関係ないのです。

 

むしろ、洗車することで
傷の状態が良くわかりマイナス査定に
つながることがあります。

 

買取り店のホームページに、
高く買取ってもらうコツとして
洗車がかかれていることもあります。

 

しかし、それは買取り店が
マイナスポイント正確に査定額を
つけられるようにするためと
言えるでしょう。

 

洗車と同じ?室内清掃をすることも査定に関係ない理由とは?


室内清掃は洗車と同様で、
結局は買取り店で清掃します。

 

そのため、チェックポイントは
タバコによるヤニの付着や灰による
シートのダメージといった内装の傷です。

 

そのため、熱心に清掃をしても
ほとんど意味がありません。

 

これについても、査定士が
マイナスポイントを見落とししないように
するためでしょう。

 

やっても損する?傷は修理しても方が得する理由とは?


傷をプロに修理を依頼すると、その費用
以上の査定が上がることはあり得ません。

 

そのため、下の2つの方法で自分で傷を
補修しようと考える方も多いでしょう。

 

  1. タッチペンで傷をごまかす
  2. コンパウンドで磨いて傷を消す

 

それぞれについて詳しく
解説していきます。

 

査定士はごまかせない!タッチペンは傷と変わらない理由とは?


ボディと同色の市販のタッチペンを
塗れば遠目には傷はわかりません。

 

また、金属の下地が見えている傷は
錆予防の効果もあります。

 

しかし、タッチペンは刷毛で傷の上から
塗るため、もともとのボディの塗装とは
違うことはすぐにわかります。

 

そのため、査定のときにはすぐに
バレてしまい、傷があることと同じ
マイナスをつけられるのです。

 

査定に影響なし?コンパウンドでもプラスされない理由とは?


小さい傷が多い場合コンパウンドと呼ばれる
研磨剤で傷部分を磨くことで
小さな傷は
見えなくなります。

 

しかし、そもそもコンパウンドで消せるような
小さな傷は査定に影響しません。

 

査定に影響しない傷とは、「爪でなでても
ひっかかりを感じない傷」です。

 

コンパウンドで隠せる傷は、小さな
浅い傷だけです。

 

このことから、コンパウンドで磨いても
査定に影響しないと言えます。

 

お得に売れる可能性大!一年のうちで車が高く売れる時期とは?


買取りで高額査定を狙うなら、
高い査定額がつく時期を狙うことも
重要です。

 

高い査定がつく時期は
毎年2月から3月の頭にかけてです。

 

その理由は、3月に新生活の準備で
中古車を購入する方が多くなるからです。

 

つまり、3月中に販売するために
2月から3月頭に買取り(仕入れ)を
強化するということです。

 

この時期は、買取り店同士の競争が
激化し、査定額額を上げてでも
買取りをする店舗が多くなるのです。

 

そのため、2月から3月初旬にかけては
車を高く売りやすい時期と言えます。

 

これだけは避けよう!車の売却で損をするタイミングとは?


車を売却するうえで、
損をしないタイミングを
狙うことも重要です。

 

損をしないタイミングとは
下の2つです。

 

  1. 車検のが切れる前に売る
  2. モデルチェンジ前に売る

 

この項では、これらの解説をします。

 

車検を通すと損をする!車検が切れる前に車を売るべき理由とは?


車を売却する決心がついたなら、
車検を通す前に売却してしまいましょう。

 

たとえ、車検の残日数が多く残っていても
車検にかかった費用以上に査定額が
プラスになることはないからです。

 

つまり、車検に通すと100%損をする
ということです。

 

一般的に車検は、部品交換等を含めて
12万円以上かかります。

 

しかし、車検が丸2年残っていても
査定のプラス額は4万円程度です。

 

もちろん、車検の日数が減るごとに
査定のプラス額は減るため、少なくとも
8万円は損をすることになります。

 

中古車が増える?モデルチェンジ前に売らないと損する理由とは?


現在所有している車種の
新型の発売前に売ることも重要です。

 

実は、新型発売と同時に乗り換える方は
多く、このタイミングで中古車が
一気に増える傾向があるのです。

 

そのため、需要と供給の関係から
圧倒的に供給が多くなり、
市場価格が下がってしまいます。

 

もちろん、それに連動して買取り額も
下がります。

 

一般的に、モデルチェンジの周期は、
マイナーチェンジが2年ごと、
フルモデルチェンジが4年ごとです。

 

できるだけ車を高く売って、
新型に乗り換えたい方はモデルチェンジと
同時に売却することをオススメします。

 

心配の必要なし!自動車税は払ったばかりでも損しない理由とは?


自動車税は所有権を手放した翌月から
月割り計算されて、返金されます。

 

そのため、自動車税を支払ったばかり
だからといって、損をするわけでは
ありません。

 

自動車税の返金は基本的に、車の
売却代金に上乗せされます。

 

車を売却するときは、必ず
代金に自動車税の返金分が
上乗せされているを確認しましょう。

 

もし、上乗せされていなかったら
返金分を損することになってしまいます。

 

知らないと買いたたかれる!買取り業者の本音とは?


買取り査定の準備ができたら、
次はやっと査定を受ることになります。

 

しかし、その前に
必ず覚えておくことがあります。

 

それは、「買取り業者は
利益を大きくするためにできるだけ
安く買取ろうとする」ということです。

 

これはビジネスの基本である以上、
買取り業者がそういったスタンスであるのは
しかたありません。

 

しかし、これを前提に考えておくことで、
マイナスにつながる行動をなくし、
プラス査定をもらうことも可能です。

 

具体的な値上げ方法は次の
項で解説します。

 

必ず得する!管理人が26万円も査定アップさせた交渉術とは?


先ほど説明した通り、買取り店は
安く買取ろうとしています。

 

そのため、買取り店の査定額を
そのまま信用するのではなく、
こちらからプラスになるように
働きかける必要があります。

 

とはいえ、初心者でも簡単にできます。

 

少しでも高く車を売却したいのなら
必ず覚えておきましょう。

 

⇒ 26万も査定アップしたコツをみる

 

好印象なら査定アップ!自分身なりと対応は誠実にする理由とは?


先ほど、査定前に洗車と室内清掃は
しなくてもいいとお伝えしました。

 

しかし、あなた自身は清潔感があり
綺麗な身なりをして、誠実な対応を
心がけた方が良いです。

 

なぜなら、清潔感がある人がオーナーの
車の方が車を大切にされている印象が
強く、プラスに働きやすいからです。

 

査定士が知りたいのは、「その車が
どういう状態か」です。

 

たとえば、清潔感があるオーナーと、
スウェット着てだらしがない身なりの
オーナーのどちらが信用できるでしょうか。

 

もちろん、清潔感がある方ですよね。

 

人間的にも信用されやすく好印象を
与えるため、プラスに働きやすいのは
間違いありません。

 

間違いなく買いたたかれる!売却を即決してはいけない理由とは?


買取り査定をすると、
査定士は必ずと言っていいほど
「今売却を決めてくれたらこの値段を
出します!」と言ってきます。

 

しかし、
その言葉につられていはいけません。

 

査定士のその言葉は、
2つの心理的作用があります。

 

  1. 限定性を感じさせる
  2. 限界よりも高い査定額だと思わせる

 

ほとんどの方は「限定」と言う言葉に
弱いはずです。

 

また、「今なら特別に限界よりも高い金額で
買取ります」と言っているように
感じてしまうのです。

 

ただ、本当に限界なのかは、他の
買取り業者の査定を取らなければわからず、
「安く買取るため」の口説き文句だと
考えておきましょう。

 

査定がアップしなくなるNG行動!希望の売却額を言わないこと!


買取り希望額を査定士に伝えてしまうと
どれだけ交渉をしても査定額が上がらなく
なってしまいます。

 

業者はできるだけ安く買取るため
あなたの希望額を少し上回る金額で
納得感を与えようとするからです。

 

たとえば、50万円まで査定額アップできる
余裕があったとしても、あなたが希望額を
30万円と言ってしまうと30万5千円
といった、少額しか上乗せしないのです。

 

そして、「この価格が限界」と言われ、
「それなら希望額を超えたから
売ってしまおう」と考えるのです。

 

こうならないように、希望額を聞かれたら
「希望は特にありません。他店よりも高い
金額をお願いします。」と答えましょう。

 

相手にされなくなる…。査定を取りたいだけはNGな理由とは?


査定を取りたいだけと言ってしまうと、
まともに相手にされなくなります。

 

なぜなら、買取り店はあなたが
買取り額に納得したら売却するという
前提で考えているからです。

 

査定額を知りたいだけで
売る気がまったくない方の相手をする
メリットは、買取り店にはありませんよね。

 

さらに、わざわざ査定するために
時間を作っている査定士にとっても
迷惑でしかありません。

 

そのため、まともな査定額を
つけてもらえる可能性はなくなるでしょう。

 

査定アップに必須の条件!複数の業者で査定を取るべき理由とは?


買取り査定額をアップするコツで、
もっとも効果がある方法が次の方法です。

 

  • 複数の店舗で査定を取る
  • 査定額を比べて価格交渉をする

 

何度もお伝えしていますが、
買取り店は安く買取ることが基本であるため
一社だけの査定では、高い査定額を
出す理由がありません。

 

買取り額の正確な相場はプロにしかわからず
素人には知る方法がないからです。

 

つまり、一社だけの査定では
安い査定額で「これが限界です」と
言われてしまうのがオチなのです。

 

そこで、複数店で査定を取り
値上げ交渉をする必要があります。

 

より高い他店の査定額を出されたら
それよりも高い査定を出す以外に
あなたから買取る手段がなくなるからです。

 

以上から、複数店での査定と価格交渉は
必須の作業と言えます。

 

途中で諦める方が多い?複数の業者で査定を取るデメリットとは?


複数店での査定と価格交渉は、
時間と手間がかかり負担が大きいという
デメリットがあります。

 

自分で買い取り店を探して査定に出向くと
往復や査定の時間で少なくとも一社で
2時間はかかります。

 

これを何社も行うのは大変です。

 

交渉を行うとなると、
さらに時間がかかります。

 

実は、これが原因で途中で交渉を諦めて
結局は安い価格で売却をし、
損をしている方がほとんどです。

 

とはいえ、簡単に解決できる方法があるので
次はそれについて紹介します。

 

複数業者で査定を取るなら一括査定を利用がオススメな理由とは?


複数の買取り店での査定と交渉をする
時間と手間を解決する方法は、
「一括査定サービス」を利用することです。

 

一括査定サービスは無料で利用でき
たった45秒の売りたい車の情報入力だけで、
出張査定可能な近隣の買取り店を
多数紹介してくれるからです。

 

そして紹介してもらったすべての
買取り店を、同じ場所の同じ時間で
査定の予約を入れましょう。

 

査定当日、一斉に査定をしてもらい、
その場で査定の比較と交渉を行うことで
たった一度で高額な査定をもらえるのです。

 

簡単に言ってしまえばこの方法は、
「一括査定で買取り店を一気に集めて
査定額を競わせましょう」ということです。

 

これは、車の売却初心者でも
簡単にできるため、おススメです。

 

一括査定はこれで決まり!カービューがイチオシな理由とは?


一括査定サービスでイチオシな会社は
「カービュー」です。

 

次の2つの理由から、
安心して取引ができるからです。

 

  1. 査定のキャンセルが一括でできる
  2. クレームガードで買取額が保証される

 

正直言うと、一括査定サービスは
買取り店を紹介することが主です。

 

そのため、どの会社を選んでも
買取り額はほとんど変わりません。

 

ではどこが違うのかというと、
その他のサービスです。

 

特にカービューは、
上の2点により、ユーザーが不利に
ならないように配慮がされてるため、
もっとも安心して利用できます。

 

これについて理解を深めるために
この項では上記2点について、
詳しく解説します。

 

急な予定変更でも安心!査定のキャンセルを一括でできる?


実はほとんどの一括査定サービスが、
査定キャンセルをする場合、すでに予約を
取っている業者それぞれキャンセルの連絡を
入れなければいけません。

 

基本的に最大で10社の紹介ですが、
カーセンサーは最大30社の紹介のため
査定キャンせるしたい場合は
悲惨な目に遭います。

 

一方、カービューでは一括査定登録
完了後のメールに記載されている
キャンセルフォームから、すべての
買取り店に一括でキャンセルができます。

 

この作業はたった1分で終わります。

 

そのため、もしも急に
予定変更になって査定をキャンセルしたい
場合でも安心です。

 

買取り後の減額も心配なし!安心保証のクレームガードとは?


ごくたまにですが、買取り代金を
受け取ったあとに業者での点検で
不具合が発見されることがあります。

 

この場合、その修理費用分の
買取り額の減額がされることがあります。

 

しかし、カービューの場合、クレームガード
という保証制度により、買取り後に不具合が
発見されても減額はされないのです。

 

万が一に備えたい方には、おススメの
保証制度です。

 

⇒ 26万も査定アップしたコツをみる

 

ちゃんと対応しよう!一括査定の電話はしつこくない理由とは?


上でおススメしたカービューに限らず、
「一括査定サービスは電話がしつこいと」
ネット上で言われています。

 

しかし、私が利用したときはまったく
しつこくなく、スムーズにやり取りを
終わらせることができました。

 

「しつこい」と言っている方に
共通していることは、「電話に出なかった」
ということです。

 

一括査定サービスは、登録を完了すると
買取業者から実際の査定の予約を取るための
電話がすぐにかかってきます。

 

これは、査定の予約を取り終わるまで何度か
かけ直されるため、電話に出なければ
何社からもの着信履歴が残っており、
しつこいと感じるでしょう。

 

ただ、これは電話に出なかったことが原因
であるため、電話に出て査定の予約を
取ることですぐに電話は終わります。

 

つまり、電話に出て査定の予約や
キャンセルの連絡をしっかりすることで
しつこい電話はかかってこなくなるのです。

 

トラブルの宝庫!オークションや個人売買は危険な理由とは?


車を高くることだけに焦点を当てると
中間マージンが発生しない、個人売買や
オークションも選択肢として考えられます。

 

しかし、トラブルが多いため
やめておきましょう。

 

具体的なトラブルの事例は下記の3つです。

 

  1. 相手が名義変更をしない
  2. 車両代金を払わない
  3. 引き渡し後に故障したとクレームをつけてくる

 

これらは、個人のモラルによる
部分が大きく契約書を作ったとしても、
起こることが多いです。

 

いくら高く売れると言っても、
代金を払ってもらえなければ意味がないため
個人売買やオークションの利用は
オススメしません。

 

81%が知らない!26万も査定UPした車を高く売るコツとは?

私が26万円も査定額をアップさせた
コツは次の3つです。

  1. 複数店の査定額を比べ価格交渉する
  2. 一括査定を活用する

買取り査定をアップさせるには、複数の
業者での査定を比べて価格交渉を
しなければいけません。

 

しかし、自分で業者をいくつも探して
査定と交渉に出向くと、時間がかかり、
長いと2週間以上かかってしまいます。

 

一括査定なら、たった45秒の入力で
最多10社の査定が一括ででき、時間と
手間を大きく減らすことができます。

 

この方法で私は、最終的に26万円も査定を
アップさせたため、オススメです。