査定額を要チェック!車の売却で税金は戻ってくる?

愛車が高く売れる理由をみる

 

車を売却するときに損をしたくないと
考えるのは、誰でも同じです。

 

特に、毎年何万円も支払っている税金を
支払ったばかりだと「損するのでは?」
と思いますよね。

 

しかし、税金については
損をすることはないのです。

 

そこで、ここでは次の3点を紹介します。

 

  1. 返金される税金の種類とは?
  2. 税金が返金される条件とは?
  3. 税金の返金に加え26万円も高く売れた理由とは?

 

これを読むことで、
税金の返金を受け取る条件と
車を高く売る方法がわかります。

 

実際に管理人が26万円も
高く売れた方法なので、ぜひ参考にして
頂ければ幸いです。

 

覚えておかないと損する!返金される税金は2種類?


返金の対象になる税金は、
下の2種類です。

 

  1. 自動車税
  2. 自動車重量税

 

この2つは返金の条件が異なります。

 

また、返金されることを覚えておかないと
受け取り忘れてしまいます。

 

損しないように、ここで解説することを
しっかりと覚えておきましょう。

 

これなら損はしない!車の売却で必ず返金される税金とは?


必ず返金される税金は、「自動車税」です。

 

これは毎年4月に支払い義務が発生し、
5~6月にかけて支払い用紙で支払っている
税金です。

 

自動車税は、車の所有権を手放した
翌月から翌3月までの月割り計算で
返金されます。

 

そのため、3月に車を手放した場合
返金は発生しません。

 

また、自動車税が返金されるのは
普通自動車のみで、軽自動車の場合
返金されません。

 

軽自動車は、税金の種類が違うため
法律上の扱いが異なるからです。

 

面倒な手間は必要なし!税金の返金手続きはいらない理由とは?


自動車税の返金は、車を売却した代金に
上乗せされるからです。

 

つまり、実際の返金の手続きは
買取り業者が行ない、その返金分を見越して
前もって売却代金に加算してくれるのです。

 

しかし、売却代金に上乗せされているか
確認しなければ損をする可能性があります。

 

買取り業者が、内緒で税金の返金分の
上乗せをしていないかもしれないからです。

 

そのため、必ず車の売却代金に
自動車税の
返金分が加算されているか
確認しましょう。

 

ほとんどが受取らない!自動車重量税は車売却時に返金されない?


自動車重量税は、車を売却したときには
返金されません。

 

返金条件は廃車申請を行ったときです。

 

つまり、「永久抹消登録」し、「今後二度と
この車は使われることはありません」という
申請をする必要があるのです。

 

しかし、通常の売却より廃車の方が
買取り額が安くなります。

 

そのため、廃車で処分しなければいけない
ような車でない限り、自動車重量税の
返金を受取る機会はないでしょう。

 

まだ知らない?管理人が26万円も車を高く売れた理由とは?


私が税金の返金にプラスして、26万円も
高く車を売れたのは次の2つの理由
です。

  • 一括査定サービスで同時に4店舗以上の査定を取った
  • 複数店の査定額を比べて価格交渉をした

車を高く売りたい場合、いくつかの店舗の
査定額を比べて、買取り額を交渉しなければ
買取り額が上がることはありません。

 

また、一括査定サービスを利用することで
買取り店を自分で探す手間や査定を行なう
時間を減らすことができました。

 

本来なら4店舗でも2週間はかかることが
ネットで自分の車の情報を一度入力
するだけで査定できたからです。

 

入力は45秒程度で済み、簡単に車を高く
売れたので、一括査定はオススメです!